キングウッドを知ろう

最終更新: 2020年11月12日



木材名

キングウッド(Kingwood)


別名

木の王様

ブラジリアンキングウッド

ヴァイオレットウッド


≪キングウッドの板≫


生息地

ブラジルのごく狭い地域


科名や属名

マメ科ツルサイカチ属

(ローズウッドに含まれます)


気乾比重

約1.2


見た目

紫色に濃い紫色~黒のはっきりとした木目が特徴です。

とても堅い木なので、磨いた後の光沢が非常に強く出ます。


主な使用目的

高級家具材、万年筆や装飾品などの小物細工、ナイフの柄、ガングリップなど



特徴

木の王様という別名を持つローズウッドの仲間です。


チューリップウッドが木の女王ですので、しばしば対比される事のある高級材の一つです。



キングウッドはマメ科ツルサイカチ(ダルベルギア)属で、切った時に芳香が立つのでローズウッドに含まれます。


著しく成長が遅く、成長しても小ぶりの樹木ですので、大きな材を採る事は出来ません。


また市場価値が非常に高い事から、違法伐採に歯止めが効かずに絶滅が危惧される樹木です。


チューリップウッドと並んで、ヨーロッパでは宮殿などに納品されるほどの超高級家具材としての歴史を持ちます。



≪キングウッドの指輪≫


ワシントン条約で厳しく取引が制限されていて、現在ではローズウッドの中でも非常に入手が難しくなっています。


紫色を持つ木としては、その木目の対比からもキングウッドが非常に高い人気を誇ります。


パープルハートの紫色と異なって、紫外線の影響による日焼けはあまり目立ちません。



また自らロウの成分を若干分泌する性質を持つので、メンテナンスに乾性油を用いず、無垢メンテナンスの選択が可能な木材となっています。


もちろん乾性油によるメンテナンスによっても、非常に美しい表情を保つ事は可能です。


ただし使用する乾性油によっては経年変化によって、若干ですが黒色が強く出る事もあります。


メンテナンスに使用する場合には、アマニ油よりもポピー油の方が適しているという声も聞かれます。



在庫を確保する事が非常に難しい木材となっています。


在庫確認も含めて、アクセサリー類のオーダーなど、お気軽にお問合せを頂ければと思います。



銘木アトリエEqへのお問合せはこちら


まとめ

以前に比べるとローズウッドは取引量が激減していますが、キングウッドはその中でも特に流通量が減っていると思われます。


男性的な魅力を強く持つキングウッドは、多くの人を魅了する木材でしょう。


もし店舗に並ぶ事があったら、ぜひキングウッドの魅力的な表情を確かめてみてください。



#銘木アトリエEq

#銘木

#キングウッド

#希少木

#木の王様

#ローズウッド

#kingwood

最新記事

すべて表示

© 2020 by 銘木アトリエEq