Y004~パロサントのチャーム

最終更新: 2020年11月1日

銘木アトリエEqの前身、ウッドリング工房Eqの頃からのお客様から久々に連絡が入りました。


キングウッドの源平材で削ったリングを非常に大切にしてくださっていたお客様で、連絡を頂いた時にはそのリングのイメージが頭に思い浮かびました。


長いお付き合いに感謝しています。

ウッドリング工房Eq時代にはオーダーメイドの指輪を作成しておりました。


色々な銘木でリングを無心に削り続けていましたが休業をする事になり、そして銘木アトリエEqとして再開したという経緯があります。


ウッドリング時代から常連のお客様によるオーダーにより助けていただいた事、感謝の気持ちを重ねて申し上げたく思います。



銘木アトリエEqの屋号でもウッドリングのオーダーは受け付けているのですが、今回のご連絡ではウッドリングではなくチャームをご所望との事でした。


使用する木材はパロサント。

パロサントのチャームをペンダントトップに使用するというお話でした。



チューリップウッドのチャームが作品に並んでいますが、ここで白状してしまいますと、チューリップウッドはパロサントのチャームを上手く作るための実験を兼ねていました。


準備を経て、いざパロサントのチャームの作成です。


パロサントの重厚かつ温厚な表情を活かすために、木目の走り方を特に強く意識しました。

久々のパロサントは、相変わらずヤスリの刃を素直に受け止めてくれて、なんだか懐かしく感じたものです。



おもて



やはり肌に装着する物である事、そして永らく身に着けて欲しいという気持ちから、シンプルかつパロサントの魅力を引き立たせる形状と大きさにこだわりました。


この大きさにカットしてから穴を開けた場合に、力が大きすぎて割れる心配があったので、まず大きな木の状態から穴を開けてカットという手法を取りました。



削っている時に作業場に広がる甘い香りは、パロサントならではです。

この香りを求めてパロサントに興味を持つ方がいるのも納得の甘い香りです。


大量生産は難しいのですが、パロサントを削った時に出る粉からお香を作って販売もしております。

限られた材料があり、かつタイミングが合わなければ生産出来ない品なので、もしもパロサント香がショップのラインナップに出た際には、良い出会いがあったと思って頂ければ幸いです。



今回のパロサントのチャームは、表側と裏側ではあまり大きな表情の違いは出ませんでしたが、パロサントらしい温和な表情が出せたと思っています。



うら


縦34.0mm*横27.0mm*厚5.0mm



まとめ

聖なる木という別名のあるパロサントです。

古くから神聖な思いを人々から受けて大切にされて来たのでしょう。


甘い香りと温和な表情から、非常に人気の高い銘木のひとつです。

経年変化も、人それぞれ大きく異なるのも特徴的と言えます。


世界で一つだけの作品を、世界で一つだけの育て方で大切にしてもらえたら嬉しい限りです。





#銘木アトリエEq

#銘木

#パロサント

#聖なる木

#希少木

#木工品

#一点物

#香木

#palosanto

© 2020 by 銘木アトリエEq